投資信託は利回りだけでなくリスクも確認しておくべし

投資信託を購入する時には、その投資信託の利回りを確認する人は多いです。
利回りを確認することも大切ですが、同様に大切なことがリスクの確認です。
投資信託には必ずリスクがあり、運用先などによってリスクの内容や大きさに違います。
利回りが良い投資信託は、運用会社の運用が上手な場合もありますが、リスクの高い運用先で大きいリターンを得て利回りが高い場合があります。

投資信託は、市場が開いていれば日々基準価格が変動します。
基準価格に影響を与える主なものは、価格変動リスクや為替変動リスク、信用リスク、金利変動リスクがあります。

価格変動リスク
投資信託が組み入れている株式や債券の価格が変動する可能性です。
株式の価格が変動することを知っている人は多いですが、債券の価格も変動をします。
債券も満期までの間は、債券市場で売買されて価格が変動します。
為替変動リスク
投資先が海外の場合に関係があります。
為替レートの変動が基準価格に影響を与えます。
信用リスク
債券で運用されてる投資信託にあるものです。
債券を発行する国や企業が、財政難や経営不振で利息や償還金を支払えなくなることです。
金利変動リスク
債券で運用されている投資信託にあるものです。
金利の昇や下降で、債券価格が変動することです。

この他にも投資先が海外の場合は、カントリーリスクがあります。
カントリーリスクは、政治や経済、社会などその国特有の事情によって価格が変動するリスクです。
新興国の方が先進国よりも、政治や経済が不安定なため、カントリーリスクが高くなります。
リスク大きさは運用されているものによって違いがあり、リスクとリターンは表裏一体です。
利回りの良さだけで投資信託を選び、大きな収益を期待するとリスクが大きくなり、大きな損失を被る可能性もあります。
投資信託を購入する時には、自分が許容できるリスクの程度を考えて、自分に合った投資信託を選ぶことが大切です。

投資信託、失敗すると多額の借金を抱えることになる

投資信託を購入して失敗したからといって、全ての人が借金を抱えるわけではありません。
投資信託は損失が出ても、購入するのに支払った金額以上のお金を追加で払うことはありません。
投資信託で失敗して借金を抱える場合は、お金を借りて購入した場合です。

投資信託の利回りチェックして、借入金利よりも高いからといって借金をして購入すると、失敗した時に借金が返済できないくなるのです。
購入する時に借金をしていなくても、生活に必要な資金や使い道が決まっている資金で購入すると、失敗した時に借金を抱える可能性があります。
使い道が決まっている資金を、それまでの間、投資信託で運用しようとすると、解約するタイミングがない場合があります。

基本的に市場が開いていれば、いつでも売買はできます。運用が上手くいっていれば、決めた期間以内に売買できます。
基準価格が下がった場合は、売却したくてもできなかったり、売却しても元の資金より減っています。
使い道が決まっていた資金なら、他で資金を調達する必要が出てきます。それが多額の借金につながっていきます。
余裕資金で投資信託を購入していれば、失敗をしても元の資金は減るだけですみます。

投資信託で失敗をしても、生活に支障がないので借金をする必要もありません。
期間を決めて運用する必要もないので、基準価格が下がっていれば無理に売却する必要もありません。
金融機関では投資信託を購入する時に、余裕資金での購入かチェックする場合もあります。
購入する都度チェックがなくても、口座開設する時に余裕資金であるかチェックをします。
余裕資金かは自己申告ですが、金融機関では借金をして購入したり余裕資金ではない場合は、投資を勧めてはいけません。